「石の上にも3年」を考える。

こんばんは。モッズヘア船橋店の宮本です。

今日は火曜日で定休日でした。
最近、休みの日の無気力感が酷いです。撮影やセミナー等、仕事関係で動いているときはいいんですが、今日のような何の予定もない休みだと、本当に何もやる気が起きない。笑


3月も21日ということで、3分の2が終わりました。今月は沢山のお客様にご来店いただき、自己最高の成績を越えるペースでここまでこれています。本当にありがとうございます。

本八幡にある姉妹店、ルクラブ ジャスティスからモッズヘア船橋店に転勤して、この4月で丁度丸3年になります。

3年間いろいろなことがありましたが、去年の12月にようやく本八幡時代の自己最高指名売上を越えることができました。


「石の上にも3年」とよく言われますが、あながち間違いではないなと。


僕はスタイリストデビューしたのは26歳の時でした。不器用で出来の悪いアシスタントでしたので、人より時間がかかってしまったんですね。

デビューしてからお客様を担当させていただくようになって、自分なりに手応えというか、カットが上手くなってきたなと感じたのはそれから3年後のことでした。

そして丁度その頃、29歳の時ですが、毎年社内で1人だけが参加出来る、ウエラさんのヨーロッパ研修に参加させていただき、その直後、本八幡ルクラブ ジャスティス店の店長に就任しました。

その後の3年間は、生まれて初めての店長という役職に、躍起になっていろいろ動いていました。

後輩の練習は毎晩残って教えていましたし、よくスタッフを連れて飲みに行ったりカラオケ行ったりもしてましたね。毎日楽しかったです。笑

同時に、業界最大級のビューティーコングレスというヘアスタイルコンテストにも進んで参加したりしてました。

そこで感じた外の世界の広さは衝撃的でしたね。自分がいかに狭い世界で生きていたのかを思い知らされた出来事でした。

そして3年後の32歳の時、モッズヘア創設者であるフレデリック・ベラール氏をゲストに迎えての社内コンテストで最優秀賞をいただくことができました。

この受賞は、ビューティーコングレスに参加したことでコンテスト慣れしていたことが最大の勝因だと思っています。


そしてその直後、モッズヘア船橋店への転勤を決意します。


この時は正直かなり悩みました。本八幡のルクラブ ジャスティスは古くから通っていただいている常連様の多い、地域密着型のサロンで、自分の思い描く理想のサロン像とかなり近いものでした。

しかし、やはり30歳を過ぎ、このまま今の環境に甘んじるのではなく、もっと外の世界に触れ、もっといろいろな経験をしたいという思いから、転勤を決意しました。


そしてモッズヘア船橋店に転勤になってからは、店内にスタジオ環境がありましたので、本格的にヘアスタイル撮影をやり始めました。
折角新しい環境になったのだから、今までと同じでは意味がないと思ったからです。

世界中に店舗を持つモッズヘアですから、フォトコンテストにも積極的に参加しました。


それから3年。何度もブログにも書きましたが、先日、日本最大級のヘアスタイルコンテスト、ホットペッパービューティーアワードでベストスタイルメンズ部門入賞をいただくことができました。



これも3年間続けてきた撮影が1つの結果になったということで、とても嬉しかったですし、さらに今後のモチベーションになりました。

脳には1万時間の法則というのがあって、1つの物事を1万時間続けることで、その事に特化して真価を発揮するという説があるそうです。

1日の労働時間を8時間として、(実際はもっと長いけど。笑)3年5ヶ月ほどで1万時間。

やはり、「石の上にも3年」なんでしょうか。

ブログを初めてまだたったの1ヶ月ですが、3年後の自分がどうなっているのか、非常に楽しみです。

また、モッズヘア船橋店に来て3年という節目を迎え、これから更に進化していくためにどうするべきか、そんなことを考えた休日でした。

3月も残り僅か。最高の形で新年度を迎えられるように、明日からまた頑張ります!



0コメント

  • 1000 / 1000